大学受験ディアロ
スタッフコラム 『ディアログ』Dialo Staff Column 『Dialog』

AO入試の合格率(倍率)は?

Update: 2019.12.11

前回は、AO入試の時期やスケジュールについてお話ししました。エントリー、出願の時期が早いので、早めの志望校選定、早めの対策が必要ということをお伝えしました(コラム「AO入試とは?わかりやすく解説」「AO入試の時期・スケジュールを解説」を参照)。今回はAO入試の合格率や倍率についてお話しします。

□AO入試の合格率・倍率

 合格率は一般的に「受験者数÷合格者数」で求められますが、AO入試の合格率や倍率を説明する前に、まずはAO入試ではどのような人が合格をするのかを考えてみましょう。もちろん選考方法は各大学によって異なりますが、成績面に加え学校の出席状況が良く(特に医学部医学科志望の場合)、生徒会活動、部活動での中心的な役割、大会・コンクール等で優秀な成績を収める、ボランティア活動、各種資格試験の合格などの課外活動において突出した実績があり、そのような経験から「自分が得たもの」や「大学進学後、研究や就職後にその経験をどう生かしていきたいのか」などをいかに明確に表現できるかが重要な要素となります。
 2019年度入試でのAO入試の受験者数や倍率は、多くの大学で前年と比べて高くなっています。これは2020年度入試から始まる入試改革を先行し、各大学がAO入試の実施学部・学科の拡大や募集人数の増加などの措置をとったことも一因として挙げられます。

□AO入試の合格率・倍率(私立大学)

次に、主要難関私立大学のAO入試と一般入試の合格率を比べてみました(2017年)。

ディアログ_AO倍率私立

このように、私立大学では一般入試の合格率の方が非常に高いことが分かります。

もちろん、各大学によって倍率や合格率は異なりますので各大学のHPで確認をしておきましょう。

\ディアロで私立大学にAO入試で合格/

2020年度 慶應義塾大学法学部合格 小松麻里さん

私はもともと、とあるGMARCHの大学を志望していました。でも、ディアロに入って、高2の間に信じられないくらい劇的に成績が上がったんです(全国模試の偏差値<英語>:高2・7月:59.7→高2・1月:71.6)。スクールマネージャーの方が「もう一個上のレベルを目指してみない?」と声をかけてくれたことで、慶應義塾大学法学部の受験を意識するようになりました。ディアロに入ったおかげで、私の可能性は大きく広がったと思います。

私が「慶応義塾大学法学部をFIT入試で受けてみよう」と思ったきっかけも、そもそも目指せるようになった理由の「学力の向上」も、すべてディアロのおかげです。慶應法のFIT入試では、創造力・思考力・判断力・社会性…など、本当に色々な力が必要になりますが、そうした力全てをディアロで鍛えてもらったように思います。例えば、トレーナーとがっつり対話をしながら学習を進めることで社会性が培われたし、あれだけ大量の特殊な「論述問題」についても、プレゼンをするというディアロの学習法での基盤があったからこそ、合格点の獲得につながったのだと思います。また、FIT入試のB方式においては出願にあたり評定平均4.0が必要になりますが、ディアロで早いうちに苦手を克服することができたおかげで、最終的に高い評定平均を維持することができたのだと思います。

 

□AO入試の合格率・倍率(国公立大学)

近年では、旧帝大を中心に推薦・AO入試の導入や拡大の動きが広がっています。2016年度入試より東京大学の推薦入試、京都大学の特色入試(推薦・AO入試)の導入をスタートに、一橋大学・大阪大学・神戸大学でも推薦・AO入試を拡大しています。
 本題とは逸れますが、特筆すべきは東京大学です。推薦入試を導入することで一般入試の合格者とは異なる潜在的な能力をもった学生を受け入れる、としています。特定の分野に突出した能力や非常に高い意欲・関心が求められ、主には提出書類と面接で選考されます。もちろんセンター試験の得点率が80%以上であることが目安となっており、一定の学力も求められます。

ここで、2019年度の東京大学推薦入試の結果をまとめてみました。

ディアログ_東大推薦入試結果

 

次に、主要難関国公立大学のAO入試と一般入試の合格率を比べてみました(2017年入試)。

ディアロ_国公立AO倍率

私立大学とは対照的に、国公立大学のAO入試の倍率は一般入試よりも高い傾向にあります。もちろん、各大学によって倍率や合格率は異なりますので各大学のHPで確認をしておきましょう。

 

\ディアロで国公立大学にAO入試で合格/

2020年度 東北大学工学部合格 望月亮汰さん

中学生の頃から、ずっと東北大学に憧れていました。どうしても東北大学に行きたかったから、少しでも受験機会を増やしたくて、一般入試だけでなく、AO入試の受験も視野に入れるようになりました。だからこそ、塾探しをする中で「対話式」を掲げるディアロにとても惹かれたんです。教科の知識を深める、という「勉強」と同時に、自分で話すという練習が積めるから、面接対策もできる。これはまさに一石二鳥だ!と思いました。こうして「対話式」で学ぶことができる塾は、他には見当たらなかったんです。

僕はもともと喋ることが苦手でした。ディアロではプレゼンの様子を動画で撮るので、最初は「撮られている、という事実」にとても緊張してしまいました。でも、どうせ撮られるのなら、いい表情で映って、わかりやすい説明をしよう、と思ったんです。緊張していても、笑顔を作ってみたら、気持ちも上がります。また、話し出す前に「全体的な構成を考える」という習慣も身についたと思います。ホワイトボードに書いたことはすべて完璧に説明することができるように、予習にはかなり力を入れました。そこまで予習してきても、実際のトレーニングではトレーナー(講師)から鋭い質問が飛んでくるので、「その場で考えてパッと答える」必要がありました。こうした練習を毎週積むことができたことは、面接対策として本当に役立ってくれました。実際の面接試験は、面接官3人に対して、僕ひとり。かなり本質的な内容を問われる中で、落ち着いて答えることができたのはディアロで学んできたからこそ、です。

 


AO入試の時期・スケジュールを解説

Update: 2019.12.06

近年、AO入試を受験・検討する受験生が増えてきました。1990年に慶應義塾大学SFCの2学部が導入して以来、多くの大学が導入している試験方式です。一般的には内申書・活動報告書・志望理由書・小論文・面接・口頭試問などによって合格者を選抜する試験方式です。ではそんなAO入試はいつから準備を始めればいいの?試験はいつ?・・・今回は知っているようで知らなかったAO入試のスケジュールや対策スケジュールについてお話しします(「AO入試」とは?わかりやすく解説!」の記事と合わせてご覧ください!)

 

□AO入試の時期は早い?

AO入試の出願は文部科学省の指導により原則8月1日以降となり、早い学校では8月から、翌年2月にかけて選考がスタートします。一般入試や推薦入試と比べるとかなり早い時期からの出願・選考となります。つまり、AO入試を検討している受験生は早い時期からの受験校の選定、それに向けた対策が必要となるのです。

ここで注意しておきたい言葉が「エントリー」と「出願」の違いです。一般的に、「エントリー」とは出願の前の「AO入試を受けるための諸手続き」を指し、大学が指定する手続きを行った受験生に「出願」の資格が与えられます。単にWebなどから登録をする場合もあれば、大学と受験生をよりマッチさせるためにオープンキャンパス等で説明会や特別講座、面接などを行ったり、エントリーシートの提出を課したりする場合もあります。ただし、大学によっては「エントリー=出願」となる場合もあるなど、言葉の意味合いや使用方法が異なるため、不明点は大学に問い合わせましょう。

□私立大学のAO入試の時期・スケジュール

 AO入試の出願開始は前述の通り、8月1日からと定められています。私立大学のAO入試では、選考時期・期間などは各大学によって様々ですが、推薦入試が本格化する前の9月以降にから本格的にスタートし、12月までには合否が決定する場合が多いようです。また、複数回AO入試を実施する大学も少なくなく、3月まで募集が続く大学もあります。。大学によってはエントリー段階で選考がある場合もあります。
 選抜方法は同じAO入試とは言っても大学・学部ごとにかなりの違いがありますが、1次で書類選考、2次で小論文・面接での選考というパターンが一般的です。さらに大学・学部によっては、セミナーやスクーリングの実施、プレゼン、グループディスカッションなど様々な要素が組み合わせられることもあります。また、コミュニケーション重視型の入試形式を採用している大学・学部もあります。。エントリー後、事前面談、予備面談なども含めて複数回面談を行い、出願許可されると合格の内定を得られます。このタイプの入試方式では、出願時の学力以上に大学・学部への適性や学ぶ意欲が重視されます。

いずれの場合であっても、AO入試では「様々な角度から、大学・学部の『アドミッションポリシー』に合致しているかどうかの人物評価を行う」ことから、エントリー・出願から実際の合格まで、長い時間をかけて選考を行うことが多いです。
 AO入試は早ければ9月には合格が決まるため、早い時期に志望校を決定しなければなりません。当然、このような入試の場合、出願校=第1志望校となりますので、安易な志望校選択は禁物です。自分の進路・適性をしっかりと考えたうえで出願・エントリーすることが大切です。

以下に一般的な私立大学のAO入試スケジュールをまとめてみました。

ディアログ_私立大学AO入試スケジュール

□国公立大学のAO入試の時期・スケジュール

 国公立大学のAO入試は、例年出願が9~10月、合格発表が11~12月上旬といったスケジュールになり、私立大学よりやや遅いスケジュールとなります。出願条件は、学校評定などの成績基準がなかったり、高卒生でも出願できたりなど、推薦入試よりも出願条件の枠が広いことが特徴です。ただし、大学によっては「英検などの資格を有するもの」「全国コンテストの上位入賞者」といった条件が加わることもあります。

私立大学に比べ、国公立大学のAO入試ではセンター試験の得点など、学力検査を求める大学が多くなります。また、募集人数も私立大学に比べ非常に少ないので厳しい勝負になります。
 選考方法は1次が書類選考、2次がプレゼンテーションなど含む面接・小論文のパターンが一般的です。このほか、セミナーやスクーリングなどに出席してレポートを提出させるといったものもあります。また、基礎学力定着の確認のために、センター試験の受験を課す大学も増えています。

 

□AO入試への対策スケジュール

 AO入試は一般入試や推薦入試に比べると選考に多くの時間をかけており、受験生側にも様々な負荷がかかります。また、出願時に提出するものも非常に多く、事前準備が他の入試方式以上に多いことも特徴です。受験を考える人は早い時期からの対策が必要となります。

 特に、AO入試では「アドミッションポリシー」という、「入学者受け入れ方針」が重要となってきます。これは、その大学が学生へ求める能力や適性、入学者選抜のために基本的な方針などが書かれているものです。このアドミッションポリシーで自分に合っているかどうかを見極めることが大切ですので、志望校のアドミッションポリシーについては必ず読むようにしましょう。それを踏まえて例年、夏休みを中心に各大学で実施されるオープンキャンパスも、大学について知る最も良い機会です。遅くとも高校2年生の夏までには足を運び、早めにAO入試に取り組む準備をしていきましょう。


センター数学のおすすめ勉強法や対策&攻略方法を紹介!

Update: 2019.12.03

センター試験には短時間で多くの問題を解かなくてはいけないという独特の難しさがあることは以前もお伝えしました(「センター試験とは? 2020年の試験日程・時間割、科目について」を参照)。今回は、その中でも特に難易度、解答方式、制限時間ともに多くの受験生がつまずきやすい「数学」にスポットを当てて、勉強法や対策、攻略法をご紹介します。

□センター試験の数学について

<センター試験の数学は何が難しいのか?>

「センター数学は教科書レベルだからそんなに難しくないですよね?」という相談をよく受けることがあります。

確かに、難関国公立大・難関私大で出題されるような難問は少ないかもしれません。しかし、センター試験の数学には独特の難しさがあります。「教科書レベル」というのは「教科書に載っているような基本的なレベルの問題」ということではなく、「教科書の内容を大きく逸脱していないレベル」という意味だと考えてください。

それは、教科書に載っているような公式を当てはめただけで解ける問題はほとんど出題されないということです。しかも、出題範囲は膨大で、設問の種類も様々なので、スピーディーかつ非常に高い情報処理能力が問われる試験です。つまり、センター試験の点数を伸ばし、高得点を取るためには、まずは教科書レベルの知識をしっかりと身につけること、そしてセンター試験の出題傾向に沿って、「入試に出やすい問題」の対策を進めることが何よりも重要です。

<センター試験の数学はどんな問題構成になっているのか?>

【数学ⅠA】

大問1~5で構成されており、第1問・第2問は数学Ⅰ範囲の必答問題、第3問~第5問は数学A範囲の選択問題となっており、この中から2題選択して解答をする構成です。第1問・第2問の配点がそれぞれ30点、第3問~第5問の配点はそれぞれ20点となっています。

【数学ⅡB】

大問1~5で構成されており、第1問・第2問は数学Ⅱ範囲の必答問題、第3問~第5問は数学B範囲の選択問題となっており、この中から2題選択して解答をする構成です。第1問・第2問の配点がそれぞれ30点、第3問~第5問の配点はそれぞれ20点となっています。

次にⅠA・ⅡBそれぞれの平均点を確認してみましょう。

ディアログ_センター数学平均点

*2015年度より新課程

ここ9年間の数学ⅠAの平均点は60.94点、数学ⅡBの平均点は51.86点となっていますが、年度によっては平均点が非常に低い年度も見られます。

センター試験の数学は、60分という制限時間の中で多くの問題を解かなければならない点でも非常に難易度の高い試験といえます。毎年多くの受験生から「数学の点数が伸びないのは計算力が足りないからですか?」とか「もっと計算のスピードを上げた方が良いですか?」という相談を受けます。しかし、点数が上がらない原因は必ずしも計算のスピードとは限りません。

時間が不足する原因として、以下の原因なども考えられます。

◆出題者の誘導にうまく乗り切れず、遠回りな計算をしている
◆図形問題などで自分が書いた図が与えられた条件通りになっていない
◆計算ミスに気付いたものの計算スペースが汚く、どこで間違えたのか確認ができない

つまり、計算のスピードを無理に上げなくても、解答に至るまでの小さな「ロス」を減らしていけば、結果的に時間の短縮にはつながるのです。

 

□センター試験の出題範囲と配点について

数学ⅠA・ⅡBそれぞれの大問ごとの主な出題範囲と配点についてまとめてみました。

ディアログ_センター数学_出題範囲

見てわかる通り、センター試験の数学では毎年出題範囲がほぼ決まっています。センター試験で高得点を取るためには、センター試験の出題範囲や傾向を十分把握したうえで、対策・演習を進めていくことが何よりも重要になっていきます。

□センター数学ⅠAの対策&攻略ポイント

【大問1】 例年、数と式、集合と命題、2次関数に関する出題がそれぞれ1題出題されます。配点は空所1つにつき各2点の計30点です。誘導に沿って空所を埋める穴埋め形式の出題です。2次関数では係数に文字を含む2次関数が題材になることが多く、頂点の座標、グラフが通る点、x軸との交点、平行移動、最大・最小などが問われやすいです。数と式、集合と命題では式の値や1次関数からの出題が中心ですが、2017年度のような教科書の発展事項にも注目です。必要条件、十分条件の問題は定番化しつつあり、命題の真偽や集合の抱合関係などからとらえていくことが大切です。どの分野も基礎をしっかりと身につけた上で、誘導に沿って考えられれば解きやすい問題です。 

数と式については、1次方程式・不等式、2次方程式・不等式、無理数の計算、対象式の計算、高次式の値、絶対値を含む方程式・不等式については頻出分野となるので、教科書の問題が確実に解けるように演習と理解を重ねていきましょう。ひとつひとつの問題は基本的なものなので、まずは教科書に載っている基礎知識を確実に身につけてから、問題集やセンター対策用の単元別問題集を解いて演習しましょう。

集合と命題については、まずは教科書に記載されている基本事項を確実に覚えることが重要です。命題の反例の探し方、命題の逆・対偶については特に内容をしっかり理解しておきましょう。命題の真偽や必要条件・十分条件の判定は、問題を見た瞬間に「反例の有無」を見極められるように、教科書や問題集に載っている典型問題を解いて、反例の見つけ方を覚えていきましょう。

 2次関数については、グラフの平行移動、対象移動、2次関数の決定、頂点の座標を求める問題が典型問題です。また、最大値と最小値を放物線の軸の位置によって場合分けを求める問題や置き換えの問題も頻出です。2次方程式・不等式の融合問題や座標平面上での図形を扱う問題(2012年度本試験)や2次不等式単体の出題(2016年度本試験)があるように、様々な側面から出題されるので、教科書や問題集を使ってまずは一通りの典型問題が解けるようにしておきましょう。

【大問2】 例年、図形と計量、データの分析の単元から出題されます。配点は30点です。ここでは三角形の辺の長さ、角の大きさ、正弦・余弦の値、外接円の半径、面積とその比が問われやすく、流れのある問題が多くなっています。図形と計量は、数Ⅰで習う公式を十分に理解し、問題集や過去問・予想問題などで定着させることが得点につながります。データの分析に関しては、ヒストグラム、箱ひげ図の見方、中央値や、四分位数の計算だけでなく、散布図から読み取れる情報を正確に把握することなど、センター試験独特の出題なので、苦手意識を持ってしまう受験生も多いかもしれません。しかし、複雑な計算は求められないので、過去問や予想問題で演習を重ねて問題に慣れることが大切です。

図形と計量では、近年平面図形の出題頻度が高い傾向にあります。その中でも特に三角形の外接円を扱う問題が頻出です。三角比の相互関係や180°-θの三角比、正弦定理・余弦定理や面積公式はもちろん円の性質や平行線の性質、相似比と面積比・体積比の関係など中学校の数学で学習した内容も求められます。中学数学の範囲に穴がある場合はきちんと対策しましょう。また、平面図形に比べると出題頻度は低いですが、空間図形に関する問題もまれに出題されることがあります。最近では、図形から最大値・最小値を読み取る問題も出題されています(2015年度本試験・2016年度本試験)ので、対策を忘れないようにしましょう。

データの分析では平均値、分散、四分位数、相関関係などの統計量を求める問題が出題されます。ヒストグラム、箱ひげ図、散布図から正確に読み取ることが何よりも重要です。また、変量の変換に関する出題もあるので教科書や問題集を解いて確実に理解したい分野です。過去問の数も少ないので、模試や問題集、予想問題をフルに活用していきましょう。

【大問3】 選択問題です。例年、場合の数と確率が出題されます。配点は20点です。場合の数は近年、条件付き確率に加えて排反な事象への分け方が題材としては多くなっています。センター試験では,考え方を丁寧に誘導されていることが多いので、その流れに乗ることも大切です。センター試験の場合の数や確率は問題文が複雑なので、特に確率に苦手意識を持ってしまう受験生も多いのではないかと思います。過去問や予想問題で演習を重ね、センター試験特有の出題形式に慣れることが大切です。

場合の数と確率で扱うテーマはカード・球の取り出し方、さいころの目の出方、文字の並び方、経路の取り方、座標軸や図形上の点の移動など様々です。その中で問題文が長く、内容理解に時間がかかる問題も多いです。設定の解釈を間違えてしまうと正解に辿り着けないこともあるので、文章読解力も必要になる設問です。特に対策は教科書や問題集から始めて、場合の数・確率の基本的な計算問題など幅広い問題演習をしていきましょう。また、確率の基本性質を利用する問題や反復試行の確率、条件付確率は特に頻出となるので繰り返し演習を重ねていきましょう。

【大問4】 選択問題です。例年、整数の性質が出題されます。配点は20点です。整数の性質は1次の不定方程式、記数法が頻出となっています。教科書の内容や難易度を大きく逸脱した内容は出題されないので、しっかりと基礎を身につけ、過去問や予想問題での演習を重ねることが大切です。

ここでは不定方程式 ax+by=c、最大公約数・最小公倍数、n進法に関する問題が頻出です。特に不定方程式 ax+by=cの解放をしっかり理解しておきましょう。特にx,yの組を1つ求めるためにユークリッドの互除法も有効手段であることを意識しましょう。センター試験では基本に忠実な問題の出題が多いため、「素数」や「互いに素」といった基本的な言葉の定義は正しい理解をすることが大切です。その中で教科書や問題集を使って、最大公約数・最小公倍数に関する性質や、ユークリッドの互除法を解いてマスターしておきましょう。

【大問5】 選択問題です。例年、図形の性質が出題されます。円周角の定理、メネラウスの定理、方べきの定理などの知識だけでなく、図形的な見方も問われます。教科書や参考書で扱っている定理・公式を覚え、演習を繰り返す中で定着させることが大切です。

ここでは特に相似、三角形の重心・内心・外心、円の性質、角の二等分の性質などの基本的性質を理解しておきましょう。その中でも方べきの定理、チェバの定理・メネラウスの定理を用いる比の計算問題も頻出です。また、2017年度本試験や2019年度本試験のように、図形と計量の分野と融合する問題も出題されることもあります。

 

□センター数学ⅡBの対策&攻略ポイント

【大問1】 例年、三角関数、指数関数・対数関数、図形と方程式に関して出題されます。配点は30点です。基本スタイルは問題文に従って空所を埋める穴埋め形式の出題です。三角関数では、方程式・不等式や最大・最小に関する問題が多く出題される傾向です。教科書の基本問題がしっかり解ける力を身につけた上で、過去問や予想問題で演習を繰り返しましょう。指数・対数関数では、指数法則と、対数計算などを素早く解けるかがポイントになっていきます。図形と方程式では直線、円、内分点・外分点などについての基本的な内容を問う問題が多いので、どの単元も教科書や参考書等で基本事項を理解した上で、解くスピードを上げるための演習が大切です。

三角関数では方程式・不等式や最大値・最小値に関する問題を中心に出題されます。数学Ⅰの三角比でも学習する加法定理、2倍角の公式、三角関数の合成など、各種公式を正確に使いこなす力が求められます。それをもとに、例えば「sinθとcosθの1次の和ときたら合成」というような使いどころを理解しておきましょう。また三角関数と平面図形(三角形や円)を融合した問題や、三角関数のグラフの周期を問う問題、近年はsinα=のような明確に提示できない角を用いた問題が出題されることがあります。

指数関数・対数関数では基本的な計算問題や指数方程式・不等式、対数方程式・不等式が出題されます。指数関数では指数法則、指数関数の増加・減少の変化に関するグラフの性質について、対数関数では、対数の計算、対数関数の増加・減少の変化に関するグラフの性質、常用対数による桁計算や最高位の数字の求め方について理解する必要があります。また、近年2次関数や数と式といった他分野の要素と組み合わせた問題が頻出となっているので注意が必要です。

図形と方程式では「点と直線」「円と直線」「放物線と直線」のテーマが扱われることが多いのですが、2013年度本試験や2014年度本試験のように「軌跡」「不等式と領域」のようにまれに分野単独で出題されることもあります。たいていの場合微分積分との融合問題として出題されるので、各単元と単元のつながりを意識した学習を心がけましょう。

【大問2】 例年、微分法・積分法の単元から出題されます。配点は30点です。2次関数や3次関数を題材に,関数の最大・最小、接線の方程式、直線と曲線に囲まれた部分の面積や、前述のとおり、図形と方程式の分野との融合問題が出題されます。特に、計量系の分野では関数の増減を調べて極値を求める問題や、定積分を含む等式から関数を決定する問題が、図形系の分野では、接線の方程式や関数のグラフが囲む図形の面積を積分計算する問題が頻出となります。微分法・積分法は大学受験における最重要かつ頻出単元ですので、十分な対策が必要です。最近は微分と積分の関係といった基本知識ではあるけれど受験生の盲点となりやすい知識問題も出題されています。特に過去問での演習を重ね、問題に慣れることが大切です。

【大問3】 選択問題です。例年数列が出題され、配点は20点です。センター試験の数列では、等差数列・等比数列の一般項や和の計算、階差数列、Σ記号による和の計算、群数列、漸化式、数学的帰納法など多くの内容を絡めたり複数の数列を扱う出題されたりすることがあります。例えば前半に複数の数列を別個に扱い、後半でそれらを組み合わせたり共通項を取ったりして新しい数列を作るといった問題が頻出です。基本的に誘導に従って計算を進めればよいのですが、誘導文はそれほど親切ではないので題意をしっかりと読み取り、全体の流れを素早く把握し、落ち着いて一つ一つ流れに沿って穴を埋めていく練習が大切です。

【大問4】 選択問題です。例年ベクトルが出題され、配点は20点です。センター試験のベクトルでは、分点公式、内積、3点が同一直線上にある条件、面積や体積の計算などが頻出です。例年空間座標上の直線、球、四面体などの図形を中心に扱う空間ベクトルをテーマに出題されることが多いですが、ここ数年は直線、多角形、円などを扱う平面ベクトルをテーマとして出題されることもあります。単純にベクトルが与えられて面積を求める問題ではなく、面積を求めるための条件を内積計算、2直線の交点の位置ベクトル、ベクトルの垂直・平行条件、共線条件、共面条件などから導き出す必要があります。

受験生の中でも苦手意識を持っている人が多い単元です。まずは教科書や問題集を使って、ベクトルの大きさや内積の公式、内文・外分の公式、重心の定義式、平行条件・垂直条件などの基本事項をしっかりと身につけましょう。

【大問5】 選択問題です。例年確率分布と統計的な推測が出題されます。多くの高校では確率分布と統計的な推測を学習しないので選択する受験生が非常に少ない分野ですが、基本的な解き方を知っていれば比較的点数が取りやすい分野です。数Aの場合の数と確率の知識をしっかりと身につけた上で、問題集・参考書などで基礎を身につけ、過去問で演習を繰り返すことが大切です。

 

□センター数学の目標点について

ここまでで、センター試験の数学は問題数に対する試験時間の短さなどから、決して簡単な試験とは言えないことはお分かりいただけたかと思います。では、そんな数学では目標点をどれくらいに設定したほうが良いのか?

もちろん、皆さんの志望する大学の難易度にもよりますが、一つの目安としては各大学の定めるボーダーラインの点数(パーセンテージ)を目標とすることです。ただし、昨今ボーダーラインは大学入試の難化に伴い予測が非常に難しい状況です。したがって、各大学のボーダーライン(パーセンテージ)+5%の点数を目標とすることをおオススメします。

 特に、数学が比較的苦手な人は平均点の高い(点数が取りやすい)ⅠAでしっかり得点して点数を確保する、数学が比較的得意な人は平均点の低い(難易度が高い)ⅡBでしっかり得点してライバルに差をつけていくことで目標点により近づきやすくなります。

□センター試験数学のおすすめ勉強法

傾向と対策を中心にお話してきましたが、最後におすすめの勉強法について少し触れていきたいと思います。

<各単元の学習は1学期までに終了させる>

 どんなに遅くとも3年生の1学期終了時(7月)までにはⅠAⅡB各単元の基礎学習は終了させましょう。目安としては、教科書の問題がしっかりと解けるようになることです。夏が始まるまでには各単元の「ヌケ・モレ」が無いようにしておきましょう。

<各単元のマーク式問題演習を夏から秋にかけて行う>

 夏休み以降は単元ごとにマーク式の問題演習を進めていきましょう。難易度としてはセンター試験よりもやや易しいレベルの問題集からスタートすると良いでしょう。この期間では、夏までにインプットした内容を問題演習という形でアウトプットをしていきましょう。特に数学のマーク式のテストは解答方式が独特なので、この期間で解答方式に慣れてマークミスが無いようにしていきましょう。

<秋以降は過去問や予想問題で得点力を上げる>

 問題演習を一通り終了した秋以降は実際の過去問や予想問題を使って得点力を上げていきましょう。

実際に60分時間を計って・・・と行きたいところですが、見直しの時間や予想外の事態に備えて-5~10分で設定して解いていきましょう。秋からスタートができれば過去問は10年分解けるはずですので、まずは過去問10年分解き切ることを目標に進めてみると良いでしょう。

□まとめ

①センター試験の数学は決して簡単なテストではない。

②しかし、毎年出題範囲や傾向は決まっているのでそれに向けた対策は立てやすい。

③独特な解答方式は問題演習で慣れていくことが大切。


Calendar

  •       1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728     
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
           
  • Recent Entries