コースを探すCourse Guide

英語4技能トレーニングコース

近年、多くの大学の入試で「英語民間試験」が導入されています。
4技能の力をバランス良く、効率的に伸ばせます。
対象学年

中学生 高校生

※中学生は中高一貫校生が対象

対象科目

英語

※英検をはじめとした[英語4技能対策]が行えます。

使用教材

「Z会Asteria 英語4技能講座」「英検アプリ」

英語4技能対策が必須の理由とは?

英語教育そのものが大きく変わり、実社会や海外で通用する高い英語力が求められるようになります。英語教育のスタートが低年齢化することで、高校生として求められるレベルが上がり「自分の意思を論理的に伝える」コミュニケーション能力までも必要になります。
既に「英検」や「TEAP」といった資格・検定試験の結果を入試に利用したり、出願要件として求めたりする大学も出てきており、対策は必須です。

さらに表示する ▼

「資格・検定対応コース」は【CEFR】のA1~B2に対応「資格・検定対応コース」は【CEFR】のA1~B2に対応

KEYWORD

“CEFR (セファール)”

CEFR [Common European Framework of Reference for Languages/ヨーロッパ言語共通参照枠] とは、「その言語を使って何ができるか」という言語能力の熟達度を測る国際的な尺度です。

国境を越えた就職など人々の流動性が高く、第3外国語で仕事をすることも珍しくないヨーロッパにでは一般的に使われており、複数の言語を共通の軸で見渡す考え方は、今後ますます重要になっていくと考えられています。

塾初導入「Z会Asteria」を使った実用的な英語4技能対策

塾初導入「Z会Asteria」を使った実用的な英語4技能対策

ディアロが学習塾で初めて導入した「Z会Asteria 英語4技能講座」は、実際に話せる・使える実用的な英語力を身につけられる高品質なオンライン教材です。タブレットで「英語を使う」環境を疑似体験しながら、日常生活で実際に起こりうる場面でを想定した「活きた英語」を重視した問題を出題。実生活で直面する様々な場面で学習を行います。

Z会Asteria英語4技能講座の特長

  • ①一人ひとりに合った問題演習で理解力アップ!
  • ②英文作成の添削問題で表現力アップ!
  • ③音声認識エンジンで英語の発音力アップ!
  • ④外国人講師とのオンラインレッスンで会話力アップ!
  • 読む
  • 聴く
  • 書く
  • 話す

AIが高い学習効果を提供

AIの技術によって、1問1問の問題の正誤・学習履歴・習熟度などのデータを総合。リアルタイムで一人ひとりに合った最適な課題 (演習問題・映像講義) を提示します。Asteriaのトップページには「あなたにおすすめの技能」が大きく表示されるので、「次にどの技能を学習すればよいかわからない」という人でも迷わず進められます。

AIが高い学習効果を提供AIが高い学習効果を提供

文法は映像授業で解説

4技能のうちWritingのレッスンでは、映像授業でそのパートで必要な文法事項の説明も行います。「4技能のベースにもなる文法に不安がある」という方にもおすすめです。

文法は映像授業で解説文法は映像授業で解説

オンラインで外国人講師と英会話

Speakingの学習では、問題演習を繰り返した後、その内容をオンラインで実践演習します。レッスンは、外国人講師と1:1のオールイングリッシュレッスン。講師は受講者の到達度を判断してレッスンをリードします。レッスン後には評価とフィードバックが届くので、実践的かつ自然な英語力を身につけることができます。

オンラインで外国人講師と英会話オンラインで外国人講師と英会話

英文作成問題は添削も実施

Writingのレッスンでは、英文作成問題のオンライン添削にも対応。せっかく英文を書いても、正解なのかを自分で判断するのは難しいもの。Z会の添削指導者がひとりひとりに丁寧な添削指導をおこなって返却するので表現力が高まります。

写真写真
▲オンライン添削例(イメージ)

「英語を使う場面」を疑似体験できるテーマ設定

日常生活で実際に起こりうる場面を想定した、実用的な英語を重視した問題を出題。英語を使っているシーンが想像できるので、実社会で使える英語力を養うことができます。下記は学習テーマの一例です。

[学習テーマの例][学習テーマの例]

さらに本番に直結する実践的な英検対策が可能

さらに本番に直結する実践的な英検対策が可能

英検で必要となる4技能を徹底対策する「英検アプリ」を採用しています。問題は実際の試験に近い形で収録されているので、本番を想定した実践的な対策が可能です。

英検合格は万全

「診断テスト」「大問別対策」「単語力強化」の3つのコンテンツの中から選択し、学習を進めていきます。学習の流れの中で、問題を解くごとにあなたの習熟度が変化します。さらに面接練習のためのコンテンツもあるので、英検対策は万全です。

[1] 診断テスト

[1] 診断テスト

実際の「英検」と同じ形式で筆記・リスニング問題が出題されます。解答するとアプリがすぐに採点し、間違えた問題を抽出した「苦手リスト」を作成。この苦手リストを使って復習をするだけで、あなたの弱点を確実に解消。効率的に学習を進めることができます。

[2] 大問別対策

[2] 大問別対策

英検で出題される問題の種類ごとに対策できます。【空所補充問題】【会話問題】【整序問題】【長文読解問題】の学習が可能です。

[3] 単語力強化

[3] 単語力強化

英語の基礎となる【英単語】【英熟語】【英会話表現】を学習できます。頻出語彙を中心に収録。もちろん1問ごとに音声が再生されます。

トレーニングの流れ

トレーニング:160分※1講座あたり原則として週に2回のトレーニングとなります。

4技能トレーニング

課題チェック

課題チェック

宿題やルーティン課題の実施状況を確認しながら、日々の学習の進め方や学習方法を指導します。また、このトレーニングで何をできるようにするかという「テーマ」を明確にします。

Z会Asteria英検アプリ

Z会Asteria英検アプリ

Z会Asteriaまたは英検アプリを使って学習を進めます。
教材の選択、または4技能ごとに異なるレベルで学習を進めることができるので、自身の目的、課題解決にフィットしたカリキュラムに沿って、英語力を高めます。

計画立て

計画立て

今回の理解状況について振り返るとともに、次回のトレーニングに向けて、復習すべき課題について、計画を立てていきます。1人ひとりとの対話を通して学習計画を立て、課題に能動的に取り組む準備をします。

復習

復習

宿題

トレーニングで身につけた内容を定着させるために、「計画立て」でトレーナーと一緒に決めた復習課題(宿題)に取り組みます。

ディアロの効果

佐藤矩之さん
佐藤矩之さん(ディアロ桜新町校)2019年度受講生

大学や学部によっては、英検で一定以上の級を取得していると、入試において加点されるなど、有利に働くことがあります。だからこそ英検対策の必要性を感じていて、ディアロに入塾しました。英語4技能は、人によって「スピーキングは苦手だけれど、ライティングは得意」など、色々と状況が異なるものですが、ディアロは個別指導なので、自分に合わせてきめ細やかに指導をしてくれました。苦手なリスニングを何度も繰り返して学習したことで自信がついたし、ライティングはZ会の添削指導者に実際に添削してもらえるので、短期間で大幅にスコアを上げることができました!

鈴木隆成さん
鈴木隆成さん(ディアロ静岡校)2019年度受講生

現在「英検」と「TEAP」の試験に向けて勉強していますが、タブレット教材とディアロのトレーナーのフォローのおかげで、今までより効率的に高いモチベーションで学習できていると思います。受講開始時のカウンセリングで、以前受験した際の英検の成績表を見ながらトレーナーが「これからの期間は、Readingに8割、残りの2割でSpeaking・Listeningというように、優先順位をつけて対策をしよう」とアドバイスをしてくれたんです。成績が振るわなかった「Reading」を中心とした、メリハリのある学習計画を立てることができました。Z会Asteriaでは、自分の習熟度に応じて、4技能を別々の進度・分量で学習することができます。それが効率的に学習できる秘訣だと思います。

料金体系

料金詳細は、お近くのスクールにお問い合わせください。

お近くのスクールを探す

ディアロについてもっと話を聞いてみたい/学習方法を相談したい/
ディアロを体験してみたい

ご希望のスクールにて、ご説明いたします。お電話、もしくは画面下のWEBフォームから、お気軽にお問合せください。

お近くのスクールを探す