大学受験ディアロ コラム Dialog

ディアロなら今がお得!W無料キャンペーン実施中!

勉強法

【世界史の勉強法】コツさえ掴めば一気に点が取れる!

最終更新日:2023-01-19

※2021年5月時点の情報をもとに執筆しています。

知識量が問われる世界史は、暗記が苦手な人にとっては、勉強がおっくりになりがちな科目です。

なかなか手が付かない……という人はぜひこのコラムを読んでみてください。

勉強のコツをつかんで基礎さえ固めてしまえば大丈夫。世界の歴史の流れが理解できると、一気に点がとれるようになりますよ。

東京大学 文科一類 / 東京工業大学 理学院 / 一橋大学 法学部 / 東京医科歯科大学 医学部[医] / 北海道大学 医学部[医] / 東北大学 工学部 / 早稲田大学 政治経済学部 / 早稲田大学 商学部 / 早稲田大学 創造理工学部 / 慶應義塾大学 法学部 / 慶應義塾大学 経済学部 / 慶應義塾大学 理工学部 / 上智大学 外国語学部 / 東京理科大学 理学部第一部 / 東京理科大学 工学部 ほか多数合格!

※大学受験ディアロ・大学受験Dialo onlineの2022年度入試実績です(在籍生のみ/講習のみ・体験のみは含まず)。
2016年大学受験ディアロ開校以来、各年度入試ののべ合格数について比較し2022年度が過去最多。

世界史の特徴とは

世界史には、文化史と通史があります。読んで字のごとく、文化史とは、文化に関する歴史で、各地域の宗教や思想、民族、遺跡、また絵画や建築、書物、音楽、発明などのことです。

通史とは、世界の全時代・全地域・全分野の総合的な流れのことです。世界史は、おもにこの通史と歴史的事象の相互関係が理解できていれば、安定して高得点を挙げられる科目です。

事象は単独で突発的に起こったのではなく、必ず前後の時代や、周辺の地域と関連して起こっています。その流れを掴んでいると各々の出来事が理解しやすくなり、記憶にも残りやすくなります。
もし忘れてしまったとしても、前後の出来事から連想して思い出せるでしょう。

このため、世界史は、より多くの事象を理解して覚えた人が高得点を取れる、有利になると言えます。

そして時間が限られる受験では、学習方法に工夫が必要です。次項では、効率的な世界史の勉強方法をご紹介します。

dialo

テストで役立つ!世界史の勉強方法

高校での授業の進度や、世界史を共通テストのみで使うのか、二次試験や個別試験でも使うのか、によって勉強方法は異なります。
目安として、覚えるべき用語(単語)は、共通テスト対策で約5000語になります。とても多いですよね。

これだけの量は、一朝一夕にはインプットできません。1回の学習で覚える語数は、取り組む期間によって算出しますが、当然、短期間では1回あたりの暗記量が増えますし、一気に覚えたことは一気に忘れやすいというきらいがあります。

確実に記憶として定着させるなら、1年くらいかけて、反復しながら覚えるのが理想です。

エビングハウスの忘却曲線というものがあり、それによると人は2、3日で覚えたことの約80%を忘れてしまうそう。
そのため、覚えた翌日、1週間後、1か月後と、定期的な復習が必要になるのです。

ちなみに年号は、すべて覚える必要はありません。「年代順に並び変えなさい」といった並べ替えの問題などは、流れを掴んでおけば解けるからです。
ただし、「〇〇〇でこの出来事があった時、〇〇〇では何が起こっていたか」など、ヨコの関係を問われた時は、年号が必要になります。
各地域でポイントとなる重要な出来事は、年号も覚えておくようにしましょう。

世界史の受験勉強として、おおまかな流れは以下の通りです。

1 )歴史の流れ(通史)を掴む(マンガや参考書を活用)
  ↓
2 )暗記・約5000語(ノートを活用)
  ↓
3)確認作業(問題集や過去問を活用)

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1 )歴史の流れを掴む

通史は、最初の取り組みとして、バラバラにではなく、ストーリーにして理解しましょう。おすすめは、世界史のマンガや口語調で書かれた参考書などです。読みやすいものの方が、頭に入りやすいのです。はじめから用語(単語)を覚えようとせずに、まずは流れを理解します。この段階で、問題集の一問一答などを使う必要はありません。

2 )暗記

次に用語(単語)を覚えますが、すでに覚えたことと“記憶のフック”で結び付けていく方法が有効です。もっとも印象にのこった事象から、派生した周辺の事象を覚えていくのです。つながりを持たせずにバラバラに覚えると、忘れやすくなってしまうため、文章やイメージを用いて関連づけて覚えることが大切です。

世界史が全世界の壮大な物語だと思って、イメージをふくらませましょう。重要な事象の年号をおさえつつ、因果関係や時代背景なども理解して覚えていきます。年号の暗記には、語呂合わせを使ってもいいでしょう。

イメージを頭に浮かべるほか、得意なら似顔絵やイラストを描いてみる、地図を描いてみる、人物の相関図やフローチャートなどを作って、ノートにまとめてもいいでしょう。視覚情報は、言語情報よりも記憶に残りやすいので、できる限り視覚イメージを持ちます。

論述問題への対策も必要なら、手で文章を書いて覚える、という方法もあります。書くという行為も記憶を定着させる効果が期待できます。口を動かすのも同様なので、読み上げながら書くのもおすすめです。知らない単語が出てきたら、その都度、用語集などで意味を確認しつつ、覚えこんでいきます。

また暗記学習は、情報を上書きしないこともポイントです。つまり、暗記は寝る前に行うのがベスト。覚えたらそのまま寝てしまいましょう。翌朝に復習できると、なお良いでしょう。

3)確認作業

暗記が終わったら問題演習に取り組み、しっかり覚えているかどうかを確認します。入試の出題形式は、選択問題をはじめ、単語を答える問題、文章で説明する論述問題など、大学によってさまざまです。まずは、志望大学・学部の過去問で、出題形式や傾向を掴みましょう。

それから、自分に必要な演習に取り組みます。過去問や予想問題のほか、一問一答タイプの問題集も活用しましょう。一問一答の問題集は、難易度がさまざまにあるため、志望大学の入試レベルに合ったものを選びましょう。

また、文化史は、共通テストでも私大入試でも出題されますが、点数の配分は低めです。対策がおろそかになりがちですが、世界史で満点を狙うなら、文化史にこそ力を入れます。学習法としては、通史の学習とあわせて覚える、通史をマスターしてから文化史を覚える、という二通りの方法があります。自分が覚えやすい方でOKですが、必ず復習の時間を設けましょう。

共通テスト対策としては、教科書で太字になっている文化史は、必ずおさえておきます。二次試験や個別試験対策は、大学により、どの分野の文化史が出題されるのか、また記述式問題の有無も異なります。志望大学の過去問を必ず解いて、出題傾向を掴んでおきましょう。また、記述式問題があると、用語を漢字で正確に覚える必要があります。

dialo

世界史のノートのまとめかた

「世界史の受験勉強で、授業以外のノートって必要なの?」という疑問をたまに耳にします。意見が分かれるところですが、自分で作る暗記ノートをうまく活用できれば、効率よく暗記学習ができます。

ノートにする利点は、まとめるという作業を通じて、一つひとつの理解度を確認できることです。

ノートをまとめるコツについて詳しくみていきましょう。

ノートにまとめるコツ

1 )ルーズリーフに自分の言葉でざっとまとめる

覚えたい範囲を決めたら、その範囲の教科書を読み、次に資料集を読みます。この際に分からない単語は、用語集で確認しておきましょう。大まかな流れを理解したら、自分の言葉でノートにまとめていきます。この時に、教科書の情報は必ず入れますが、そのほかは自分が重要だと思ったところだけで大丈夫です。間違えたら修正すればいいので、スピード重視でざっくりまとめていきます。ルーズリーフを使うと、あとから順番を入れ替えられるので便利です。付け足したいことが出てきた、うまくまとめられなかったから作り直したい、などもルーズリーフなら簡単です。内容をどんどんブラッシュアップして、最強のオリジナル世界史ノートを作りましょう!

2 )暗記したいことは色ペンで書く

シートで隠して暗記できるように、覚えたい言葉は色ペンで書きましょう。色が増えすぎると見にくくなるので、文章は2色に留めるのがおすすめです。

3 )イラストや地図などを活用する

世界史では、イラストや似顔絵、表、地図なども理解を助けてくれます。得意なら自分で描いてもいいですし、教科書や参考書をコピーして貼ってもいいでしょう。ただし、夢中になって時間をかけすぎると本末転倒です。ほどほどに見やすくまとめましょう。年表は参考書にもあります。もし作るとしても、自分が特に覚えたい時代や地域のみでいいでしょう。

4 )余白をのこしておく

まとめノートを作るときは、意識してところどころに余白をのこしておきます。過去問や問題集に取り組むようになると、後から追加したい項目が出てくるからです。

これでノート作りは完璧です。でも、ノートは作って終わりではなく、活用してこそ自分のものになります。使い方も見ていきましょう!

ノートの活用法

1 )赤シートを使ってチェック(3周以上)

暗記したい用語(単語)を、赤シートを使って覚えましょう。はじめはすぐに答えをみたっていいんです。最低でも2周はしましょう。そして3周目からは、記憶があやしい用語だけチェックすればOK。このあやしい用語は、再度確認できるように印をつけておきます。

2 )時間をおいて再度チェック

人間は忘れる生き物ですから、一度覚えたと思っても、ときどき復習してみましょう。特に、覚えにくくて印をつけた用語は何度もチェックします。見返す頻度は、自分でベストだと思う回数、間隔を見つけてみてください。最低でも3か月に1回は、すべての用語(単語)を確認すると確実です。

メモリーツリーを使って時代の流れをつかむ

こちらは、Z会グループの大学受験ディアロで学習するメンバーのトレーニングの様子です。
ノートやテキストを見ることなくホワイトボードに書いていくのは、世界史の時代の流れを書いたメモリーツリーです。

時代の流れ=出来事の因果関係や、同じ時代に外国では何が起きているのか。
情報や頭の中を整理しながら、メモリーツリーを使って知識を定着させ、理解を深めるという方法も効果的です。

※ディアロではホワイトボードを使って、学習内容をプレゼンする=授業をするのは、先生ではなく生徒です。

dialo

世界史の入試対策

共通テストになってどう変わる?

従来のセンター試験における世界史では、「教科書レベルの基礎知識」「大まかな流れや事象同士の因果関係を理解しているか」「重要な出来事が起こった場所を地図上で理解しているか」がおもに問われてきました。共通テストになって、これらはそのままに、図表などの資料をみて答える問題が増加しています。このため、タテとヨコ、つまり、同地域での時系列の出来事と、各地域での出来事とのつながりをより意識して、通史を理解することが必要になっています。

資料の読解が加わりますが、共通テスト世界史の試験時間は、センター試験と同様の60分で100点満点です。

2021年度の共通テストの問題構成は、センター試験から大問が1つ増えて5つになっています。設問数の合計は、世界史Aが1つ増えて33問、世界史Bが2つ減って34問となっています。

特筆すべきは、表やグラフ、地図、絵画などの資料の扱いで、世界史Aでは、3つの資料を年代順に並べる問題があったほか、従来なら絵画について作者や題名を問う出題が、絵画の題材となった出来事に関連する歴史的事項を問うなど、資料を読解してその先の解答につなげる「思考力・判断力・表現力」が必要とされる問題が出ました。

また、世界史Bの資料は17個と、2020年のセンター試験の6個から大幅に増加。このため、センター試験で頻出した正文選択問題が減り、代わりに空欄を補充するタイプの問題が増えています。曖昧な知識では太刀打ちできないため、より深い理解や思考力が必要とされます。とはいえ、全体観としては、基本的な知識を活用して解ける問題が多い印象です。平均点もセンター試験並みに落ち着いています。

入試対策はどうしたらいい?

世界史は、他の社会科目に比べて、一度覚えてしまえば点がとりやすい科目だとお話ししました。ここは強気に、8割以上の正答率を目指しましょう!そのための入試対策をお話ししていきます。

まず、気になるのが、世界史の共通テスト対策にセンター試験の過去問が使えるかどうか、という点だと思います。共通テストでは、細かな知識が問われることは減って、問題文と資料から考察して解答を得るタイプの問題が増えます。ですが、考察問題でも基礎知識がもとになるため、センター試験の過去問が活用できます。センター試験には良問が多く、難易度・問題形式とも、共通テストと似ている点があります。過去問や問題集を解く際は、正誤に関わらず解説を読み込んで、関連する知識を得ることも重要です。

資料を読み取る考察問題は、教科書などで見たことがあるものが使われるとは限りません。ですが、必要な知識は教科書の範囲内なので、落ち着いて考えれば正解にたどり着けるはずです。知識は、分野ごとに整理をして頭の中の引き出しにおさめて、必要な時に必要な引き出しから取り出せるようにしておきましょう。

共通テストの選択問題では、消去法で2つがのこり、どちらにするか迷うことがあると思います。正解だと思う選択肢を選ぶときは、もう1つの選択肢がなぜ間違っているのかを考えましょう。思い込みで選ぶのはNGです。
模試や過去問を解く際は時間を計り、本番の時間配分に慣れるようにしましょう。見直しや、解答を問題用紙に写す時間も忘れずに設けます。

模試や過去問、予想問題は、やればやるだけ力になり、選択肢の引っ掛けパターンにも目が利くようになります。間違えたら正解できるようになるまで覚える。この繰り返しでしか、8割正解には近づけません。

dialo

世界史の勉強を始める時期は?

では、世界史の受験勉強はいつからはじめたらいいのでしょうか。これは、受験で世界史を使うと決めたら、すぐにはじめるべきです

世界史は、知識量がものをいう科目です。インプットした用語は、一度覚えた後に時間をおいて確認・再確認を繰り返すことで、知識として定着します。とはいえ他の科目の勉強もありますから、毎日といわず、週2、3日でも構いません。

そして、「今日は調子がいいな」と感じる日があったら、1~2時間はかけて、じっくり取り組みましょう。理想としては、1年かけて世界史を勉強すると、通史・文化史ともマスターできるでしょう。

時期としては高2の夏休みにはじめて、高3の夏休み前には、全範囲をひと通り終わらせるのがベストです。どんなに遅くても、高3になったらすぐにはじめてください。

受験直前期に他の科目に勉強時間を使いたい場合は、もっと早めに世界史を終わらせてもいいでしょう。ただし、早めに終わらせた場合は、忘れないようにするために、数カ月に1回でもいいので、用語(単語)の確認はしておきましょう。

dialo

ディアロの紹介

2021年度から実施されている共通テストでは、知識に加えて、知識を活用する力も求められています。

これまで暗記科目とされてきた「世界史」でも、複数の資料を読み解いて答えるタイプの問題など、ただ単に暗記するだけではなく、思考力・判断力が問われるようになっています。

新大学入試における変化は、主体性や多様性、協働力など、これからの時代で活躍するために必要な力を養うことを目的にしています。

これを受けて誕生したのが大学受験ディアロの対話式トレーニングです。ぜひディアロで、大学受験にも、その先の未来にも役立つ力を磨いてみませんか。

Z会グループの個別指導塾
「大学受験ディアロ」の対話式トレーニング

生徒満足度98.5%*「対話式トレーニング」を動画でご紹介しています。


ディアロの学習法は、従来型の「教える先生→教わる生徒」という一方通行の指導ではありません。
効率的なインプット学習と、生徒が主体の効果的なアウトプット学習による“反転学習”で、成績をのばし、志望校合格を目指します。


知識を定着させ、使えるようにするためには「人に教える」「人に説明する」ことが効果につながると、私たちは信じています。


ディアロでは、事前にZ会の映像で重要事項・知識をインプット。そして「ディアロの対話式トレーニング®」で、学んだことを自分の言葉で説明してもらいます。

その内容について、講師が様々な問いかけをし、たとえ正解でも「どうしてそう考えた?」と問いかけ理解の定着をねらいます。

わからない場合でも、すぐには答えを教えることはしません。「気づき」を与えるような質問を通して、考えを深めます。このように先生が生徒に教えるという一方的な授業ではなく、生徒が主体となるようなトレーニングを行っていきます。

そんなの難しそう…」と思った方、大丈夫です。ディアロ生の97%*が「対話式トレーニングは楽しい」と回答しています。

お試しの無料体験トレーニングは随時受付しています。この効果の高い学習法を、「今」体感してみませんか?

\オンラインにも対応/

※調査概要:大学受験ディアロ全在籍者(オンライン校除く)を対象に実施したアンケート調査(回答率85.5%),2020/12/15~2021/1/13,自社調べ。

詳しくは、ディアロ各スクールまでお気軽にお問合せください。
WEBからも24時間受付中です!

 ➡ お電話でのお問合せはこちら

  WEBからのお問合せはこちら

  • 受験・学習の不安は、大学受験専門塾ディアロへ!
  • 知っているを説明できる・解けるへ【ディアロのインプット×アウトプットトレーニング】
  • 2024年度大学入試・第一志望合格者 多数!
  • 学校推薦型選抜・総合型選抜対策講座

新着記事

個別指導塾・ディアロとは?

「知っている」を説明できる 解けるへ。

知識を「本番で使える力」に変える
“対話”という名の個別塾
ディアロ

▼ 東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡エリアの方

大学受験ディアロ

▼ 宇都宮エリアの方

大学受験ディアロ@

▼ 日本国内(全国)の方

大学受験ディアロ オンライン

\入力1分!お悩み相談はこちら/

気軽に学習・受験相談