大学受験ディアロ コラム Dialog

ディアロ・春の学び応援 W無料キャンペーン

ディアロからのお知らせ

『医大は偉大って、どういうこと?』

最終更新日:2022-11-01

DSC_0780

「竹やぶ焼けた」「新聞紙」のように、前から読んでも後ろから読んでも同じものを『回文』や『さかさ言葉』といいます。

こういった言葉遊びは、日本語に限らず、万国共通の遊びなのです。今日は、英語と数学の回文を見てみましょう。

単語では、civic(市民)、noon(正午)、eye(目)、refer(言及する)などがありますが、少し長めのものを挙げていきます。

中には、『回文』ならぬ『怪文』もありますが、前からも、後ろからも読んでみましょう。

Was it a bar or a bat I saw? (私が見たのは棒か?それともコウモリか?)

No lemon no melon.(レモンなくして、メロンなし)

Madam, I’m Adam.(マダム、私がアダムです)

A man, a plan, a canal, Panama.(一人の男、一つの計画、一つの運河、パナマ)

Step on no pets.(ペットをふまないでください)

Never odd or even.(奇数でもないし、偶数でもない)

A Santa lived as a devil at NASA.(サンタはNASAでは悪魔として住んでいた)

最後は、数式の回文です。張りきって、計算しましょう!

2×(172+231) = 13×62 = 26×31 = (132+271)×2

  • 受験・学習の不安は、大学受験専門塾ディアロへ!
  • 知っているを説明できる・解けるへ【ディアロのインプット×アウトプットトレーニング】
  • 2023年度大学合格者数・過去最多更新!
  • 学校推薦型選抜・総合型選抜対策講座

新着記事

個別指導塾・ディアロとは?

「知っている」を説明できる 解けるへ。

知識を「本番で使える力」に変える
“対話”という名の個別塾
ディアロ

▼ 東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡エリアの方

大学受験ディアロ

▼ 沼津・宇都宮・小田原エリアの方

大学受験ディアロ@

▼ 日本国内(全国)の方

大学受験ディアロ オンライン

\入力1分!お悩み相談はこちら/

気軽に学習・受験相談