新小岩校の生徒体験談School Information

ディアロ新小岩校
合格者&生徒のみなさんの声を届けします。

(掲載の内容は、取材時点の情報です)

現メンバーK.Hさん&小野トレーナー(ディアロ新小岩校)

「学習カウンセリング」が学習のやる気につながっています。

K.Hさん&小野トレーナー

K.Hさん&小野トレーナー

■K.Hさん
ディアロは、事前学習からトレーニング当日、そして復習まで、1セット1セットのトレーニングがとても濃いんです。学習カウンセリングの中で、相談しながら、科目ごとに「いつまでに」「どんなレベルのことをできるようになるべきか」ということを具体的、明確に設定できます。また、志望校のレベルと自分の今のレベルを照らし合わせて「今すべきこと」を納得できるように説明してもらえる。だからこそ、学習習慣もついて、トレーニング以外の時間も濃い時間になっているんだと思います。

■小野トレーナー
学習することも計画を立てることも、受け身ではなく、どれだけ自分の手で調べて、頭を使って考えたかが重要だと思います。なぜなら、考えれば考えるほど「危機感」を持てるようになり「必要性」に気づけるから。主体的に自分で考えることが、自分を伸ばすことになると信じています。Hさんと一緒に学習を進めるようになってまだ短期間ですが、とても成長を感じます。良い意味で「危機感」を持って前に進んでいると思います。これからもトレーナーとして傍で応援していきます。

2017年度 駒澤大学経済学部 合格 M.Kさん(ディアロ新小岩校)

できないと、つまらない。だから、頑張れました。

私の仲の良い友人からの紹介でディアロを知りました。友人のお母さんが、塾をかなり真剣に探していて、色々な塾の資料を取り寄せ、実際に色々な塾に話を聞きに行き、その上で「ディアロが絶対に良い」と決めたようで、だったら私もここにしようと思いました。実は、ディアロ入塾前、私は、大学への進学意欲はほとんどなく専門学校や短大の想定でいたのですが、スクールマネージャー(教室長)と話をしているうちに大学進学に向けて真剣に頑張ってみよう、という気持ちになりました。また、受験校をどういう風に選べばいいのか全く知識がなかったのですが、併願パターンについても、本当にたくさんのアドバイスをもらいました。他の塾に通っていた友達からも「いいな、そこまでアドバイスしてくれるんだ!」と羨ましがられたくらいです。
ディアロで勉強のモチベーションを維持できた理由は「対話式トレーニング」のおかげです。しっかり予習して、トレーニングで質問に答えられた時は、本当に楽しいんですよ。そして、担当してくれたトレーナーの人もとてもいい人たちばかりで、とても親身になってくれて。おかげで、本当に楽しく勉強することができました。

2017年度 東京理科大学合格 杉原 敏志さん(ディアロ新小岩校)

+10点、+20点… 対話式トレーニングの圧倒的な効果。

杉原 敏志さん

杉原 敏志さん

独学で受験勉強を進めていた化学は、学校の授業では一通りのカリキュラムを終えていて、模試などでは、おおよそ平均点程度の点数は取れているという状況で、このまま塾に通わなくてもいいか、と迷っていたのです。だから、ディアロの映像を視聴しても、基本的には「わかっていること」を再確認する、という感じでした。ところが、トレーニング、特にプレゼンでは、「わかっていたつもり」「実はわかっていなかった」という箇所について、ことごとくトレーナーから指摘されました。自分では理解している、覚えているつもりだったものが、実は非常に薄い知識だった、ということを、毎回のトレーニングの度に痛感させられました。あそこでそのままにしていたら、ほとんどの知識がうろ覚えという状態のまま、入試を迎えた可能性があったと思うとぞっとします。トレーニングで見つけた弱点をその都度つぶしていく、という学習を続けていくと、ディアロに入る前は常に平均点だった化学の成績が、秋以降は、平均点+10点、+20点と伸びていったんです。ディアロでの学習の効果を体感することができました。