三鷹校の生徒体験談School Information

ディアロ三鷹校
合格者&生徒のみなさんの声を届けします。

(掲載の内容は、取材時点の情報です)

2020年 横浜国立大学 理工学部 合格! 加藤颯さん(ディアロ三鷹校)

僕の合格は、トレーナーの存在あってこそです!

加藤颯さん

中学で「Z会進学教室」に通い、無事に第一志望校に合格。進学校のため授業の進度が速く、また週6日活動があるサッカー部と勉強を両立させるため、高1春からディアロに通い始めました。僕は理系科目のように明確な答えがない「国語」が大の苦手で、ひとりではどうすればいいのか全く分からず苦戦しました。ディアロの国語では、トレーナーと1:1で色々なことを話し合いながら、一緒に国語の解答について考えるんです。「明確な答えがない」からこそ、ディアロのトレーニングにとても向いている科目だと思います。志望校に合格できた大きな要因は、ディアロの「入試直前対策講座」と、トレーナーの皆さんの存在にあります。センター試験後の面談では、個別試験に向けて「いつ、何をやればいいか」という綿密な学習計画を立て、入試本番が続いて厳しい時には、優先順位をつけて取捨選択をしてくれて、何とかやり遂げることができました。入試直前に下を向きそうになってしまったときには、トレーナーの皆さんが常に励ましてくれました。「自分はこうしていたよ」と経験にもとづくアドバイスももらえ、最後まで頑張ることができました。本当にありがとうございました。

2020年度 早稲田大学 法学部 合格! 久保野花梨さん(ディアロ三鷹校)

2daysキャンプのおかげで、ディアロに来るのがさらに楽しみに

久保野花梨さん

小学校時代の先生の教えで、自分でも「誰かに教える」ことを勉強法の柱として取り入れていたんです。ディアロの「対話式トレーニング」に出会ったときに「私に向いている!!」と思いましたが、映像授業に「退屈で、眠くなってしまいそう…」というイメージが強く、入塾をためらっていました。でも実際はわからないところを繰り返し見られる、いつでもどこでも学習できる、不必要と思ったら飛ばせる、など、映像授業には多くの利点がありました。「Z会の映像」の先生たちの教え方がとても上手だったので、何よりも楽しんで見ることができたと思います。
またディアロでは特別講座として「2daysキャンプ」が夏・冬に開催され、普段とは違い生徒がグループになって、一緒に考え、プレゼンをします。これがまた本当に楽しかったです!色々な人の様々な視点・方法に触れて、普段とは違う部分の頭を使っている感覚がとてもありました。キャンプで三鷹校に通う友達がたくさんできたのもとても嬉しかったです。もともとディアロに来ること自体がとても楽しかったのですが、さらに楽しみになりました。みんなに会いたいから自習室に通う回数も増えて、とてもいい循環になったと思います。

2020年度 上智大学 理工学部 合格! 瀬田和樹さん(ディアロ三鷹校)

ディアロなら部活との両立が可能です!

瀬田和樹さん

理科の受験対策を早いうちからと考え、高2になるタイミングでディアロへ。ダンス部の活動と両立するために時間に融通が利くかどうか、拘束時間が短いか、家から近いか、映像授業かどうか…などの観点で探す中で「ここならすべて叶う!」と思ったのがディアロでした。個別形式なので振替がしやすいし、1コマ40分なので短い時間も有効活用できます。大学受験で有名な「Z会グループ」の塾なのも安心ポイントでした。
対話式トレーニングで「わかりやすく説明する」ためには、まず自分が深く理解をする必要があります。それを繰り返すことで、知識が整理されて定着する実感がありました。またトレーナーがくれるのは、答えそのものではなく「考えるヒント」。遠回りかもしれませんが「ほかの問題も解くことができる」強固な応用力を身につけられたと思っています。
僕からのアドバイスとしては「学習計画を立てて、隙間時間をとにかく有効活用しよう!」ということ。ディアロは映像授業を自分のスマホで見られたので、電車の移動時間も有効活用できました。丁寧なアドバイスもありがたく、併願校も一緒に考えてもらえて助かりました。部活で忙しい人も、ディアロでなら両立ができると思います。

2020年度 明治大学 農学部 合格! S.Mさん(ディアロ三鷹校)

入試で「話す」試験がある人には、ディアロは絶対おすすめです!

S.Mさん

ディアロを選んだのは、推薦入試で避けて通れない「面接」対策に役立ちそう、と感じたからです。ディアロでは、トレーナー(講師)が教えてくれるのは、答えそのものではなくて「ヒント」。そのヒントをもとに、答えは自分で考えます。自分で考えるからこそ印象に残り、知識・理解を深められたと思います。また復習すべきところや、関連付けて覚えるべきところがはっきりわかる効果もあり、効率的に学習をすすめられました。
また毎回プレゼン前には「何をどう話そうかな」と、自分の頭の中を整理します。この習慣のおかげで、面接でも緊張せずに自分の意見を整理して話せました。またプレゼンの様子を動画で撮影するのですが、これに慣れていたことで、面接の独特な空気感にも呑まれずに普段通り話せたと思います。普段のトレーニングが面接対策に直結していて、とてもよかったです。推薦入試など、入試に「話す」試験(面接)がある人には、ディアロを強くお勧めします。志望大学によっては口頭試問が課される場合もありますが、ディアロのトレーニング内容がそのままズバリ活きると思います。自分の考えを相手に伝える、という練習を積むことは面接対策に直結して役立ちますよ。

2020年度 日本大学 藝術学部 合格! 栗田理弘さん(ディアロ三鷹校)

「ディアロのおかげ」の大逆転合格!

栗田理弘さん

高2の6月に数学が赤点になりそうになり、慌てて塾を探しはじめ、1:1の学習効率に魅力を感じてディアロへ入塾しました。スクールの雰囲気の良さも決めてでした。ですが、僕は「勉強するふり」をしてしまい、かといって「これから頑張ろう」という気にもなれない。入試直前も不安しかない状態でした。案の定センター試験は失敗し、私立大学も一校も合格できない状況でした。そんななか、第一志望校にまさかの合格。僕が受験した学科は、英語・国語の試験に加えて小論文と面接があるのですが、「自分がその学科で何をやりたいか」を明確に伝えるように集中しました。小論文のテーマが書いたことがあるものだったという幸運にも助けられました。そして面接や小論文を評価してもらえたのは、ディアロのトレーニングを通して「とっさに話す力」が身についていたからこそ。1:1対話式トレーニングでは、「どういう状況であっても、自分で自分の言葉で話す」ことが求められ、アドリブにも柔軟に対応する必要があります。もともと面接対策を意識してディアロに入ったわけではないのですが、大ピンチの中で第一志望校に合格できたのは、ディアロのおかげだと思っています。