これからの英語4技能&英検対策のキホン

新大学入試対応<Q&Aでわかる>これからの英語4技能&英検対策のキホン Z会グループ「新大学入試」対策専門塾ディアロが解説します!


Q1
新大学入試では「英検」が大事と聞いたのですが、
それはどういうことですか?
A1
新大学入試では「英語4技能」が重視されます。
それを測るために利用される
英語民間検定試験の1つが「英検」なのです。

英語は現行入試の2技能から
4技能試験へ変わります。

新大学入試で必要になる「英語4技能」

2019年度までと2020年度からの「英語4技能」

2020年度からスタートする新大学入試において、英検の結果は「大学入試英語成績提供システム」を通じて、大学側に提供されますが、提供されるのはスコアやCEFRに換算したレベル・合否状況などさまざまです(大学によって異なります)。「とにかく英検で合格すればよい」というだけでなく、より良いスコアをとることが重要になるのです。

一般的に、難関大であればCEFRのB2(英検準1級)レベルを、その他の大学であればB1(英検2級)レベルは求められる場合があります。

※大学・学部・学科によって「出願資格」として課したり、筆記試験への「加点要素」として考慮されたりする場合があります。志望する大学の出願条件を確認しましょう。

CEFRとは?
ヨーロッパ言語共通参照枠
“セファール”と読みます。「その言語を使って何ができるか」という言語能力の熟達度を測る国際的な尺度です。国境を越え、第3外国語で仕事をすることも珍しくないヨーロッパでは一般的に使われています。

英検対策をディアロに無料相談!

現高2生のみなさんへ

あと1年しかありません!

大学入試に利用できる民間の英語4技能試験の受験チャンスは、たったの2回しかありません。

「英検2020 1 day S-CBT」の受験例
※最新情報・詳細については、必ず英検WEBサイトを確認してください。

英検のなかでも「英検2020 1 day S-CBT」の場合、2020年・第1回の試験は、2019/9/18~予約申込期間です。上の例の場合、第1回・第2回ともに、試験本番まであと1年を切っているということがわかります。一般入試と同じようなスケジュール感では、到底間に合いません!

限られた時間の中で、計画的かつ効率的に4技能を身につける必要があります!
いますぐ対策をスタートしましょう!

現高1生までのみなさんへ

英語4技能の習得には時間がかかります!
今のうちからステップアップを!

新大学入試にむけて、英語4技能の習得には一定の学習時間が必要です。
高3時に英検2級・準1級レベルに到達するためには、まずは今のうちに英検3級・準2級にチャレンジすることをおすすめします。「英検」という試験形式に慣れることができるのはもちろん、英語4技能の学習を早めに進めることができます。


Q2
英検はどういう形式の試験なんですか?
A2
英検の試験では、PCで解答する「CBT試験」と
解答用紙に記入する「PBT試験」の2種類があります。

新大学入試で主に利用されるのは、この2つです。

英検の試験「CBT試験」と「PBT試験」

※PBT:紙(解答用紙)で解答 / CBT:コンピュータで解答
※「1day S-CBT」のPBTはコンピュータの画面上で出題・紙で解答

どちらの形式で受験した場合も、従来型の英検のように「1次試験」「2次試験」という区別はなく、一気に4技能の試験が行われます。「1次試験に受かってからSpeaking対策をすればいい」といったスケジュール感では間に合いません。4技能すべての対策をしておく必要がります。
※ただし、難易度・出題内容は同一なので、どちらの形式で受験をしても大丈夫です。


Q3
では、英検では具体的にどんな問題が出題されるの?
A3
「英語4技能」をバランスよく身につけられているか。
それぞれの問題で問われます。
Reading
スピーディに英文の構造をつかみ、読み解く力が問われます。空欄に入る単語・フレーズを選ぶ空所補充問題、さまざまなパターンの長文・資料を読み取り、内容を理解する力を測る問題などが出題されます。

Listening
30問以上の聞き取り問題がテンポよく出題されます。準2級以上では、1回しか放送されないため、確実に聞き取るリスニング力を鍛える必要があります。

Writing
英作文問題が出題されます。穴埋めではなく、級によっては100語以上の「自由英作文」形式での出題となります。自分の意見を論理的に整理し、それを英語で伝えられるバラエティに富んだ英語構文力が必要になります。

Speaking
英語で指示を受け、英語で質問に答える質疑応答形式。英語の文章を読み上げたり、英語の質問に対して自分の考えを英語で述べる力も求められます。

英検対策をディアロに無料相談!


Q4
では、英検合格のためにはどんな学習をするべきなの?
A4
ディアロの答え
❶英語4技能を偏りなく確実に身につけること(総合力)
❷本番を想定した問題演習を充分に行い「型」に慣れること(即戦力)

\ ディアロが考え抜いた学習法 /

❶英語4技能を偏りなく
確実に身につけること

コミュニケーション能力を測るうえで、Reading/Listening/Speaking/Writing どの力が足りなくても、高スコアは狙えません。

ディアロではAI技術を活用した「Z会Asteria」を採用。iPadを使って英語4技能を段階的かつ網羅的に、バランスよく身につけることができます。

アダプティブエンジン(AI技術)を搭載
問題の正誤・学習履歴・習熟度などのデータから
あなたに最適な問題を出題します。英検合格への近道です。

技能別にレベル表示&別々に学習できる
Reading/Listening/Speaking/Writing
それぞれのレベルが表示されます。また、技能別に学習を進められるので
優先順位の高いものから効率的に習得できます。

Reading

[英検]

スピーディに英文の構造をつかみ、読み解く力が問われます。空欄に入る単語・フレーズを選ぶ空所補充問題、会話文・説明文・Eメールなどさまざまなパターンの長文・資料を読み取る問題が出題されます。

[ディアロのReading対策]

●バラエティに富んだテーマ・出題形式に慣れる
●文章の長さも語彙も少しずつレベルアップして理解を深められるカリキュラム設計


英問英答の出題を通して強固な読解力を鍛えられます


多彩な出題形式を通して、どんな問われ方にも対応できる英語力を身につけられます


Listening

[英検]

30問以上の聞き取り問題がテンポよく出題されます。準2級以上では、全ての問題で1回しか放送されないため、確実に聞き取るリスニング力を鍛える必要があります。

[ディアロのListening対策]

●さまざまなテーマ・シチュエーションの問題で、実生活の中で英語を聞き取れ る実用的な力を磨く
●幅広いレベルから自分にぴったりのものが出題されるから無理なく効率的に進められる


リスニングの題材は、まずは短めの内容から長いものへと徐々にステップアップ。無理なくリスニング力を伸ばせます!


実生活で出合うさまざまな<聴く>場面を想定したバラエティに富んだシチュエーションの出題。


Writing

[英検]

英作文問題が出題されます。穴埋めではなく、級によっては100語以上の「自由英作文」形式での出題となります。自分の意見を論理的に整理し、それを英語で伝えられるバラエティに富んだ英語構文力が必要になります。

[ディアロのWriting対策]

●答えが1つではない英作文問題。「空所補充問題」から「自由英作文問題」まで、さまざまな問題形式を通じてレベルアップできる
●Z会添削指導者による添削指導で、独学では難しい“より自然な”英語表現力を磨ける


英作文の基礎となるのは「文法力」。動画でしっかりと確認しましょう。


「空所補充問題」から「自由英作文問題」まで。段階的にレベルアップできる出題です。


各レベルの仕上げにはZ会の添削指導者が丁寧なオンライン添削指導を実施。独学では難しい、自然な英語表現力を習得できます。


Speaking

[英検]

英語での質疑応答形式。英語の文章を音読したり、その内容に対して自分の意見を英語で述べたりする。

[ディアロのSpeaking対策]

●Speakingの基礎である「発音」からコミュニケーション手段としての「表現力」まですべてが学べる
●実際のコミュニケーションでこそ身につくのがSpeakingの力。外国人講師とのオンラインスピーキングで、実用的で自然な英語表現力を磨く


搭載された「音声認識エンジン」があなたの発音をテスト。自信がつくまで何度でも練習可能です。


外国人講師とのオンラインレッスンで自然かつ実用的なSpeakingの力を身につけられます。

英検の試験では、あらゆるシチュエーションとテーマを想定した問題が出題されます。家庭・学校・職場などの場所で、道案内や天気・ビジネスといった内容が想定されます。「Z会Asteria」では、題材がリアルなシチュエーションを想定した内容になっているため、実用的な英語力を身につけることができます。

英検対策をディアロに無料相談!

\ ディアロが考え抜いた学習法 /

❷本番を想定した問題演習を
充分に行い「型」に慣れること

「英語4技能」力をつけたら、英検本番に向けて即応問題をたくさん解いて慣れましょう。

ディアロでは、専用の英検対策アプリを使用し、本番を想定した問題演習を充分に行います。さらに、間違えた問題を中心に復習がしやすいアプリの設計になっているので、本番に向けた対策をしながら、理解の穴を見つけ補うことができます。

<対応級> 2級・準2級・3級・4級・5級

「診断テスト」「大問別対策」「単語力強化」の3つのコンテンツから選んで、問題演習を進められます。

[1] 診断テスト

実際の「英検」と同じ形式で筆記・リスニング問題が出題されます。
解答するとアプリがすぐに採点し、間違えた問題を抽出した「苦手リスト」を作成します。

[2] 大問別対策

英検で出題される問題の種類ごとに対策できます。
【空所補充問題】
【会話問題】
【整序問題】
【長文読解問題】
の学習が可能です。

[3] 単語力強化

英語の基礎となる
【英単語】
【英熟語】
【英会話表現】を学習できます。

頻出語彙を中心に収録。
1問ごとに音声が再生されます。

[4] Speaking試験にも対応

スピーキング対策アプリでは、面接の入室から退室までの流れを確認でき、イラストの面接官と本番さながらに会話練習をすることが可能です。

英語4技能の総合力と、
試験に向けた即戦力を身につけること。
そのバランスが、英検合格につながる秘訣です。

英検対策をディアロに無料相談!

英検合格に向けて、
ディアロはこうサポートします!

ディアロには、英検合格に必要な力を身につけるための徹底した「サポート」があります。

「大学合格にむけて、いつ・何級を受ければ良いか?」「英検にどう合格すればよいか?」受験戦略アドバイス

受験までの長期戦を戦い抜く「学習カウンセリング」

 

新大学入試対策専門塾だからこその情報量

ディアロのスタッフから

生徒のみなさんのカウンセリングをしていると、「自由英作文」と「スピーキング」の問題、つまり”英語表現”に苦手意識がある人が多いですね。でもこれは、きちんと向き合って対策していけば、少しずつできるようになります。

ディアロの「Z会Asteria」は、この英語表現を「プロの力」を借りて学習することができますし、「英検アプリ」で試験に向けた即戦力を身につけられます。さらに、スクールマネージャー・トレーナーがしっかりとマンツーマンでサポートします。そもそも、いつ・どの試験を受けるべきかについても相談にのり、一緒に受験戦略を立てていきます。

「英語4技能」だけ聞くと負担感があるかもしれませんが、それを身につけることで、将来的に自分の視野を広げ、仕事や趣味・興味の選択肢を増やすことにつながります。大学入試・その先にも役立てられる力を一緒に身につけていきましょう!


スタッフ 関谷

プロフィール
【資格】TOEIC 970【経歴】ビジネス英語を学んだ経験を活かし、一般企業の取締役秘書職に就く。スケジュール管理、海外支店アシスタントとの折衝、海外・国内出張手配等などの業務を担当。その後、語学学校の学習カウンセラーとしてスキル別 学習方法の提案、教材紹介などを行う。母校の私立中高一貫校にて非常勤講師として、季節講座や英検講座の担当経験あり。

受講者の声


鈴木隆成さん
(高2/現ディアロ生)

受講開始時のカウンセリングで、以前受験した英検の成績表を見ながらトレーナーが「これからの期間は、Readingに8割、残りの2割でSpeaking・Listeningというように、優先順位をつけて対策をしよう」とアドバイスをしてくれたんです。おかげで、メリハリのある学習計画を立てることができました。

学習で使用している「Z会Asteria」では、自分の習熟度に応じて「4技能を別々の進度・分量で学習」することができます。それが、忙しい学校生活と並行しながら効率的に学習できる秘訣だと思います。

ディアロのトレーナーとZ会Asteriaのおかげで、今までより効率的に、しかも高いモチベーションで対策できています。英検準1級合格に向けて頑張ります。

お問い合わせ

英検対策に関するお問い合わせ・ご相談は、お電話かWEBで受付しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 体験トレーニング
  • ディアロや受講コースに関するご説明・ご見学
  • 英語4技能試験/英語民間試験に関するご質問・ご相談
  • 学習カウンセリング
  • 現役合格プラン/英検受験プランの作成

すべて無料にて対応いたします。

  • お電話でお問い合わせの方
  • WEBからお問い合わせの方

お電話でお問い合わせの方

WEBからお問い合わせの方

  • 無料体験したい
  • 説明を聞きたい 見学したい